妊娠初期にできる出産までの準備

すぐに禁煙・禁酒

出産の準備

たばこやお酒は、赤ちゃんにとって悪い影響を与えてしまいます。たばこを吸っていた人はすぐに禁煙、お酒を習慣にして飲んでいた人はすぐに禁酒をおすすめします。たばこはニコチンが血管を収縮させて血液の流れを悪くさせるので、赤ちゃんに栄養が運びづらくなります。その影響で先天性異常の可能性もありますし、ママの体にもいいことは一つもありません。妊娠中の高血圧、流産や早産、低体重児のリスクも高まるといわれています。乳幼児突然死症候群という、なんの前兆もなく生まれてから突然死してしまう症状に対しても、たばこが影響しているのでは…と考えられています。すぐにたばこをやめるのが、赤ちゃんのためですね。

 

またアルコールは赤ちゃんが分解する能力をまだ持っていないので、胎児性アルコール症候群になる可能性があります。赤ちゃんの先天性疾患であり、知能障害やてんかん、学習障害などが起こる可能性があります。たくさん飲んでいれば飲んでいただけ症状の重さが変わるといわれています。先天性疾患であるとはいっても、妊娠中の禁酒ができていれば防げるため、すぐにでも禁酒したいですね。

 

禁酒や禁煙はママだけではなく、一緒に暮らしている人などにも協力をしてもらいましょう。近くでお酒を飲んでいる人やたばこを吸っている人がいると、その誘惑に負けてしまいます。またたばこは自分が吸っていなくても、周りで吸われていると副流煙で悪い影響があります。

 

一緒にお腹の中の赤ちゃんを育てるという意味でも、特にパートナーには協力してもらってくださいね。

 

産む産院を決める

 

赤ちゃんがお腹の中にいることがわかったら、その赤ちゃんをどこで産むかを決めなくてはいけません。とりあえず妊娠しているかどうかを診察してもらうだけで、産む産院は別でも問題ありません。定期的に健診にもいかなくてはいけないので、どこで産むかを決めるのは非常に大事な選択です。

 

どんな出産方法を望むのかによって選ぶべき産院は違いますし、里帰り出産なら地元で産む産院を決めて、里帰りする間に通う産院も探す必要があります。できるだけ早く産む産院を決め、落ち着いて妊婦生活を送りたいですね。