妊娠中の体重管理

妊娠中の体重増加の理想とは?

 

妊娠中は必ず体重は増えます。お腹の中に赤ちゃんがいるので当然ですよね。でも、妊娠中に増える体重は個人差があります。増えすぎてしまった、と悩む妊婦さんが多いのですが、理想の体重とはどれぐらいなのでしょうか?

 

BMIを使って算出することができます。BMIは、体重kg÷(身長m×身長m)のイコールとなります。BMIが18.5未満の場合はやせ気味体質の人なので、10kgから最大でも12kgまでとなっています。でも18.5以上、25未満の標準体型の場合は7kgから10kgと増やせる量は減ってしまい、元から25以上で太り気味体質の人は、5kgから最大でも7kgとなります。元の体重によって理想の体重増加量は異なるので、BMIを参考にしましょう。

 

体重増加のペースとは?

 

体重増加は妊娠中に○kg、と目安はあっても、どんなペースで増えていくのが理想なのかも気になりますよね。標準体型の人で計算してみると、妊娠初期は2kg以内、妊娠中期は5kgぐらい、妊娠後期は3kgぐらいとなっています。これぐらいのペースでと考えていれば、大幅に体重が増えてしまうことがなくなります。

 

特に気を付けたいのが、妊娠中期です。つわりの影響で妊娠初期にはあまり増えない人が多いのですが、その後つわりが収まってたくさん食べられるようになると、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまいます。5kgほどといっても、妊娠中は太りやすい体質になるため、普通の食生活ではすぐに5kg以上太ってしまいます。

 

栄養はしっかりと補いながらも、カロリー調整などをしながら太りすぎないように気を付けたいですね。

 

体重が増えすぎるとどうなるの?

 

体重の増加について指導する医師が多くなっていますが、体重が増えすぎることによってあらゆる問題があります。妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などですね。妊娠高血圧症行軍は血液が流れにくくなってお腹の中の赤ちゃんに栄養が運ばれづらくなります。それ以外にも、母体の命にかかわることになるので、気をつけなくてはいけません。妊娠糖尿病は巨大児や奇形のリスクも高まるといわれています。

 

こういったリスクを避けるためにも、しっかりと体重管理をして出産を迎えたいですね。